BLOG

Work Style

ワーキングママ編

 

働く一児のママ、BOOK&CO. 店長 松島さんのテレワーク

 

 

新型コロナウイルスの影響で「テレワーク」が推進されている今。
みんな家ではどんな働き方をしてる?

 

これまで様々な方にご利用いただいててきた「BOOK&CO.」から、あらゆるお仕事をする方々の

「Myテレワークスタイル」をご紹介!

 

前回はフリーランスとしても活動するスタッフ中尾の「テレワークスタイル」をお届けしました。

 

第二回目となる今回は、2歳のお子さんを持ちながら現在テレワーク中、

「働く一児のママ」BOOK&CO. 店長の松島さんにインタビュー!

 

出勤時は朝から夕方までお仕事をされている松島さんですが、

 

家ではどんな働き方をされているんでしょうか?

 

 

●店長 松島さんBOOK &CO.勤務(正社員)30代・一児のママ

 

まず最初に、松島さんの現在の状況や、テレワークについて感じていることをうかがいました。

 

 

・出勤しているときに比べ、生活スタイルはどう変わりましたか?

 

ー 勤務時間の配分のしかたが変わりました。
日中は子供がいるとどうしても仕事の途中で邪魔されてしまったり、一人で遊ぶにも2歳だと中々理解してくれないので午前中は一緒に遊んでお昼寝をした後や、夜、子供が寝たあとに仕事をまとめて片付けるようになりました。

 

 

・一日中、家でご家族と過ごされていていかがですか?

 

ー 主人は基本オフィスに勤務しているので母子2人で過ごしていますが、保育園で行っていた運動や遊びを思う存分させてあげることができないので、課題を感じています。
子供とのコミュニケーションを取る時間は長くなったので、普段あまり気づきにくい子供の成長を日々感じています。

 

 

・テレワークをしてみて感じる「メリット」と「デメリット」を教えて下さい。

 

メリットは「効率よく仕事ができること、無駄な時間が減ったこと」でしょうか。
会議等も定例でやらなければいけない、といったような時間を区切らない会議は、テレワークでzoom会議等を取り入れることでかなり減ったと思います。
デメリットは「コミュニケーションが取りづらいこと、仕事の様子が見えないので管理・指示が難しいこと」です。
メールだけだと簡素なつながりになってしまい、相手の受取り方や表情も見えないので、より一層気を付けて物事を伝えなければいけないな、と日々実感しています。

 

 

お子さんとの時間が長くなり、その成長も肌で感じながらお仕事に取り組まれている松島さん。

 

ここで本題へ。

 

 

・家で仕事をする上で気をつけていること、松島さんの「Myテレワークスタイル」は? 

 

ー 仕事に集中したいときは主人に子供を見てもらったり、時間を区切ってお互いに仕事の時間を作るようにしています。
どうしても自宅だとダラダラと仕事を続けてしまうようなことが起こりやすいので、時間を区切ることでリミットを設けて時間を意識して仕事に臨むことができます

 

 

旦那さんとうまく協力し、それぞれ仕事や育児に集中する時間をつくっているんですね。

 

「お子さんが起きている間は一緒に過ごすことに集中し、寝ている間にお仕事に集中する」

「時間にしっかりリミットをつくってお仕事に取り組む」

 

お家の中でも「メリハリ」をつけて活動することで、ご自身にとってもご家族にとっても
良い時間を過ごせているようです!

 

松島さん、家事育児・仕事にお忙しいところありがとうございました!

 

お子さんを持ちながら家でお仕事しているという方も、ぜひ参考にされてみてください!

 

4+

内覧ご希望の方は、
お気軽にお問合せ下さい。

Top