BLOG

Work Style

フリーランス編

 

 

新型コロナウイルスの影響で「テレワーク」が推進される今。
みんな家ではどんな働き方をしてる?

 

「いつもは会社員としてオフィスで仕事をしている」

 

「フリーランスなのでコワーキングやカフェで作業している」という方も

 

“会社からのテレワークの指示”や、ご家族をお持ちの方は”育児”などで

 

在宅勤務をしている、という方もらっしゃると思います。

 

そして今後もこのコロナの影響をきっかけに、無駄を省き、コワーキングでの仕事や在宅勤務を推奨する会社も少なからず増えてくるのでは?と予想しています。

 

その一方で「家だとどうも落ち着いて仕事ができない」という方も多いのでは?

 

そこで、これまで様々な方にご利用いただいててきた「BOOK&CO.」から、あらゆるお仕事をする方々の「Myテレワークスタイル」をご紹介!

 

まずは、この記事を書いているアシスタントスタッフ、中尾の「テレワークのこだわり」から!

 

家では集中できなかった私ですが、ちょっとした工夫で変わりました。

 

スタッフ中尾【BOOK &CO.勤務+フリーランス・20代・単身世帯】

 

 

●とにかく「視界をシンプルにすること」

私は気になるものが視界に入るとすぐ脱線してしまう…。
良く言えば「好奇心旺盛」悪く言えば「集中力の低い」タイプです。
「テレビ・雑誌・漫画」など、仕事に関係ないものはもちろん、
キッチンや洗濯物など家事周りのものは視界に入れないように。
気づいたらすぐ掃除し始めるので(笑)

 

 

●必ずテーブルと「イス」を使う

家だと、ローテーブルの前にクッションやラグを敷いて床に座っているという人も多いと思います。
しかし、私がこれをやるとちょっと疲れたら「一旦横になろう」となります。(意思が豆腐ですね)
なのでちゃんと高いテーブルとイスでやるようにしています。
ホームセンターでも折りたたみのテーブル&イスのセットが買えたりするので、それでも充分だと思います。
ベッドが近くにあるのも同様で、究極「シーツをはいで布団を外に干す」などの状態だと寝たくなくなります。

 

 

●開放的な窓の近くで仕事

集中できる環境は様々だと思います。
私は元々カフェなどで仕事をすることも多く「開放感のある環境」の方が集中できます。
景色は見えつつ、目に入ったものに直接的に関われるわけではないのでぴったり◎
狭い室内の中でも気分が沈みにくいです。
わざわざテーブルとイスを移動してでもやる価値アリでした。

 

 

●今やっている仕事に関係ない連絡ツールは通知OFFに

これは普段やっている人もいると思いますが、私は「文章を書く仕事」が多いので、その分情報を検索したり、いろんな方面の方から連絡がくることも多いです。
せっかく仕事に集中し始めたのに、今の仕事に関係ない情報を見てしまったり、メールの通知に気をとられて気が散るともったいないですよね~。
特に家だとだらだら見てしまいがち。

 

 

確認し終わった情報はすぐにウインドウを消す(情報元はメモなどに残す)」

スマホも含め通知オフに設定」にすることで自分が確認したい時に集中して返せます。

 

 

私のこだわりは今のところこんな感じですが、結構みんなやってそうですね(笑)
でもちょっとした「環境づくり」でかなり変わるものです。

 

これから、様々な年齢・職種の方の「Myテレワークスタイル」を聞いていく予定です。
状況が似ている方はぜひ一例として参考にされてみてください!

 

私も自分のテレワークにうまく取り入れていきたいと思います^^

 

 

2+

内覧ご希望の方は、
お気軽にお問合せ下さい。

Top